目尻にしわができないようにするには

年齢を重ねると共に、深くくっきりとするのが目尻のしわですが、目立たなくする方法はないものでしょうか。目尻にしわができないようにするには、目の回りの皮膚をこすったり、引っ張ったりしないことです。顔を洗う時や、化粧落としの時に目の回りに負担をかけることが多いので、細心の注意が必要です。意外と負担になることが多いので、目の回りの皮膚に触れる時は静かに触れるようにしてください。日中の化粧を帰宅後にきちんと落とさなければ、皮膚は乾燥しやすくなります。乾燥は目尻のしわの要因になります。皮膚に負担をかけ、乾燥を促進する作用が化粧汚れが残ることにあります。皮膚は紫外線による光老化でも乾燥し、目尻のしわが多くなります。太陽光に肌がさらされるようなときはUVカットが大事です。晴れた夏の日だけでなく、夏以外の季節でも紫外線は肌に照射されています。くぼみやクマが目尻にできることも多いようです。目の周囲にある筋肉がやせ細って力を失うと起きる症状です。くぼみやクマは、目尻にしわをつくるきっかけになったりもします。長い間パソコンやテレビを凝視していたために目が疲れてしまったという場合は、しばらく目を閉じたり、目の周りをよく揉むなどしましょう。目の回りにあるツボを刺激し、血流を促進してしわ対策を行うという人もいます。現段階では目尻にしわはない人でも、加齢によってつかふえるしわに備えて、マッサージなどをしてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ