進学のための学費を負担するのが難しい世帯

教育ローンとは、進学のための学費を負担するのが難しい世帯が利用することができるローンです。日本では、義務教育以外の教育に関しては多額の学費がかかることがほとんどです。学費のための教育ローンを取り扱っているのは、住宅購入用のローンや自動車購入用のローンなどを提供してくれる銀行やノンバンクなどの金融機関です。金融機関の他にも、会社の福利厚生の一つとして、健康保険組合などから学費を借り入れる形で運営される教育ローンもあります。教育ローンは貸付期間が長くなりがちなので、証書貸付の形を取るのが普通です。証書を交わした時点では、借り手が借りた学費は、借り手が指定した普通預金口座に入金される形を取ります。実際には、学費を受け取る相手方の銀行口座に直接振り込まれることが多いようです。現在の日本には、住宅ローンや自動車ローン、消費者金融など様々なローンが存在します。消費財を買う行為などにくらべて、子供の教育資金は優先事項とみなされています。このため、教育ローンは自動車ローンなどの消費財購入用のローンよりも金利が低くなることが多いのです。教育ローンを提供する会社によって金利は違います。金利のほかにも貸し付け条件はさまざまです。一つだけではなく、いくつもの教育ローンをあたった上で、どのローンにするかを決めましょう。

サブコンテンツ